バーチャルオフィスの特徴

起業したばかりでまだ取引先が少ない場合や、事務所を借りるまで規模が大きくない場合などは、コストの面でもバーチャルオフィスという選択肢があります。バーチャルオフィスとは、実際に事務所をレンタルするのではなく、住所や電話番号だけレンタルできるサービスです。バーチャルオフィスでレンタルした住所で、法人登記もできることが特徴の1つです。

バーチャルオフィスの特徴をつかむ!活用するために必要な知識

会議

東京でバーチャルオフィスサービスを探す方法

バーチャルオフィスを探している人や会社の中で、人気の高いエリアは東京や大阪や名古屋などの大都市圏になります。特に、東京は1番人気の高いエリアです。海外の会社が日本に支店を作ることを目的に住所だけ必要な場合なども、東京は人気の高いエリアになっています。バーチャルオフィスを東京で探したい場合、インターネットで探すのが良いでしょう。インターネットの場合は、物件も多く、予算や場所などの自分に合った条件で検索もできる場合もありますので、スムーズに見つけることができます。ただし、東京都の23区内の一等地などはとても人気が高く、なかなか自分が希望するような物件が出てこない場合もあります。

会社

バーチャルオフィスの活用方法

ただ登記だけをしたくて、住所と電話番号だけが欲しいためにバーチャルオフィスをレンタルする場合もありますが、実際にはバーチャルオフィスを利用したいものです。バーチャルオフィスは、いろいろなオプションがあり、オプションを付けることによりレンタルオフィスに近い形になるのです。例えば、電話秘書代行サービスがあります。このサービスは、電話専用の秘書が電話にでて、転送などをしてくれるサービスです。また、バーチャルオフィスの住所地に届いた郵便物を、実際の住所に送ってくれる郵便物の転送サービスがあります。さらに、必要な時だけ借りられる、レンタル会議室のサービスを行っている業者もあるのです。

男女

気になる費用相場

バーチャルオフィスの人気の理由は、レンタルオフィスに比べてコストがかからないことです。レンタルオフィスの場合は、毎月の家賃や光熱費や備品などの費用がかかりますが、バーチャルオフィスはこれらの費用を削減することができます。実際に、バーチャルオフィスをレンタルすることを決めた場合、相場はどのくらいなのでしょうか。相場は、業者によっても、場所によっても、サービスによっても違うのですが、何のサービスも無い場合は月額1,000円くらいからレンタルできる所もあります。しかし、一般的にそれなりのサービスがついた場合の相場で、東京都内であれば月額10,000円から20,000円でしょう。

[PR]
新大阪にある貸事務所が満載☆
立地条件の良い物件を選ぼう♪

[PR]
賃貸オフィスを中央区で探そう
専門の検索サイトを利用してみるべし!

広告募集中